無料
エロ
動画


いらっしゃいませ!斉藤晴香のブログです♪


年齢:29

未婚

趣味:web作成

好きなこと:官能小説を書くこと。

問題点:オナニー依存症








無修正アダルト動画 Onacle.tv

花嫁の濡れた花弁

20050831023301
↑女の上下関係


「花嫁の濡れた花弁」
をWEBページにしました。
ぜひ、まとめて読んでください〜♪


↑CLICK!

yuio.jpg
↑女の上下関係



秘密の花園?

20050830023501
淫乱女医


ただいま〜♪
楽しかったです〜♪
一日いないだけで、アクセス数が半減〜(号泣)


秘密の花園?


洋子さんは最近、すっかり変わられました。
どこがどう変わられたのか、上手に言えないわたくしですが、確かに変わられたのです。
強いて言えば、とてもお綺麗になられました。
それに、随分と、大人っぽくなられたのです。
わたくしはそっと憧れを抱くのと同時に、いくばくかの嫉妬も覚えました。
洋子さんはわたくしの親友であると同時に、お洒落やお勉強や運動の良き競争相手でもあったからです。
わたくし達が通う聖瑠璃学園のなかでは、洋子さんとわたくしがいつも、そのようなことで一、二を争っておりました。
男子部の間でも、わたくし達ふたりのことはいつも噂されておりまして、ラヴ・レタアもよく戴いていたのです。
しかし最近、洋子さんはわたくしよりもずっとお綺麗になられて、わたくしは劣勢に立たされておりました。

ある日の放課後、ひとりで下校されている洋子さんを見かけたわたくしは、声をかけようとしたのですが、背中に漂う異様な雰囲気に打たれて出来ませんでした。
でも、足早にお歩きになっている洋子さんに興味を覚えたわたくしは、そっと後をつけて見ることにしました。
そうすることによって、洋子さんの秘密を覗くことができるような、そんな気がしたのです。

陛下による終戦の詔が発せられて早や5年・・。
帝都東京は槌音高らかに、着々と復興の道を歩み、朝鮮の戦火による特需で、世の中は沸きかえっておりました。
しかし、いまだ都下のあちこちは、戦争の傷跡が残っていました。
今、洋子さんの後をつけて、息を喘がせながら「梨の木坂」を登っておりましても、周囲の丘に、いまだに焼け跡が拡がっておりますのが目に飛び込んで参ります。
聞けば、ここに対空砲火用の高射砲が据えられていたとかで、B29の集中砲火を浴びた処なのだそうです。
それはさておき、洋子さんは、やや急な坂であるにも拘わらず、肩で息をされることもなく、黙々と歩いておいでです。
振り返られたら、適当なことを言って誤魔化そうと考えていたわたくしですが、どうやらその心配はなさそうで、洋子さんは真っ直ぐ前を見て歩を進めておられます。
はて、洋子さんのお邸はこんな辺鄙なとこだったかしら?
わたくしが不審の思いに包まれはじめたとき、洋子さんは、左手に続く焼け焦げの目立つ煉瓦塀の前で立っておられました。
塀のなかには何があるのでしょうか、あまりに高いので、伺い知ることができません。
わたくしが電信柱の影に隠れて見ていますと、洋子さんは左手をまっすぐ前に突き出しました。
そうやって塀の壁を押しますと、なんということでしょう。
洋子さんが、壁を突き抜けて、塀の中に吸い込まれていくではありませんか。
吸い込まれて・・・いえ、厳密に申しますと、扉のようなものを押して、塀の中に入られたと言ったほうが正確でありましょう。
しかし、そのときのわたくしには、塀に吸い取られたように見えたのでございます。

わたくしも、さきほど洋子さんがいらした地点に立って、塀に手をあててみましたのは、言うまでもありません。
そっと押しても、ビクとも動かない・・。
いかつい、焼け焦げだらけの煉瓦塀を目の当たりにすれば、そう感じるのは当然のことです。
しかし、予想を裏切って、煉瓦塀の一部分がドアになってて、信じられないくらいに簡単に、内側へと開いたのでした。

中に、おそるおそる入ってみますと、そこは10?くらいの塀に囲まれた空間に、綺麗な花がたくさん咲いています。
チューリップ、薔薇、菊、ラベンダー・・そこは、紛れもなく花園でありました。
しかし・・その花園の真ん中に、身に一糸もまとわぬ中年男性が3人立っています。
私はあわてて、木陰に身を隠しました。
そして、一人の男の前で、洋子さんがひざまづいておいでです。
何をしていらっしゃるのだろう?
私は目を凝らして、よく見ました。
そして、「きゃっ」と叫んでしまいました。
男の股間のモノから口を離した洋子さんが、こちらを向いて、「誰?」と鋭く、言いました。


(つづく)
<

淫乱女医


あのひと?

20050828002501
↑甘衣かおりのページへClick!


時間がなかったので、今日は短いです〜。
ごめんなさい〜(汗)
では、では、旅行に行ってきますけど、今日の小説の内容と、混同しないでね♪

あのひと?

明日は誕生日。
18になる。
待ちに待った18歳・・・。
どれほど、この日を待ち焦がれたことだろう。
私はあのひとのおちんちんの写真を宝物にしていた。
パソコンに取り込んで、毎日、見てはオナニーに耽った。
オナニーは依存症みたいになって、毎日しないと気がすまなくなっていた。
欲しい。
欲しい。
あのひとのおちんちんが欲しい。
私は強くそう願いながら、いつも気を遣った。
その願いが叶う。
明日・・・叶うのだ。

一ヶ月ほど前からあのひとと連絡をとりあって、密会の段取りをつけていた。
私は、友達の家にお泊りに行くと、母親を騙して、夕方から家を出る。
最寄の私鉄駅から、4番目の停車駅。
駅前から西へ数十メートル先にあるファミリーレストランの駐車場。
白い乗用車を運転して、あのひとがやってきた。
助手席に坐る。
駐車場を出て、最初の赤信号で、私はあのひとに抱きついてキスをした。

その宿に着いたのは、夜の10時。
昔風の離れの部屋があって、それぞれに小さな露天風呂がついている。
遅い夕食を終え、ふとんが敷かれると、あのひとは部屋の掛け金を内側から下ろす。
これで、完全に、誰からも邪魔されない、ふたりの世界が現出した。

ふたりで風呂に入った。
私はあのひとの目の前で、全裸を晒す。
あのひとは、息を呑んだように、私を見つめる。
私はあのひとの胸のなかに飛び込み、優しく受け止められる。
煌々と照らされる満月の下、私たちは裸で抱き合い、舌を絡ませあう。
彼の元気なおちんちんを私は掴み、彼も私の秘部をまさぐる。

すべて、あの日と同じように・・・。

そして、あの日できなかった続きを、私たちはしたのだ。

とても、とても、いやらしいこと。

お互いの性器を口にし、舌で舐めた。
風呂場の洗い場で、私たちは長い時間をかけて、そうした。
「若い。美代子のおまんこは、水蜜桃のようだ」
あのひとは感動にうち震える声でそう言って、舌を私の膣に潜り込ませる。

写真ではない、本当のあのひとのおちんちんが目の前にあった。
私は、おまんこを舐められる快感に声をあげながら、ソレを眺める。
そして、ぱっくりと上から咥え込んだ。
口中で、舌で舐めてみると、味などあるはずがないのに、おいしい、と思う。
愛しいひとのおちんちんだから・・。
わたしはふんふん息を荒くしながら、太い肉棒を両手で持って、ぺろぺろ亀頭を舐める。

あのひとの洩らす息が、私の肛門を嬲っていた。

(つづく)

20050828002501
↑甘衣かおりのページへClick!




旅行に行きます♪

20050827022700


ちょっとした小旅行で日、月、留守にします♪

↑こんな感じで、ゆっくりするつもりです〜!!


割引決行!!「アクアリウムTV」1ヶ月$45.00→$35.00




あのひと?


あのひと?

あのひとはさらに、私の右手を持って、自分の股間に導いた。
いつのまにか外されていたジッパーから、太くて長いものが顔を出していて、私は、その固いような柔らかいような、不思議な感触のそれを握らされた。
女の本能なのだろうか。
誰に教えられたわけでもないのに、私の手は実に自然に、それを上下させてさすっている。
「うう・・」
あのひとも、切ない声を洩らし、私たちはお互いの舌を吸いながら、気持ちを昂ぶらせていた。
すると、突然・・。
「いけない、おば様が帰ってきた」
あのひとは小さく叫んで、あわてて、私の身体を離した。
たしかに、ガレージに車が入ってくる音がする。
肩透かしを食わされた思いで、私は恨めしげに窓の外を見ているしかなかった。

その日から私は、あのひとのことを一日たりとも忘れたことはなかった。
また、叔母様のいないときを見計らって遊びに行こう。
そして、あの目くるめくようなキスをしてもらおう。
あの、どきどきするような感触のおちんちんを、再び握って、さすってやろう。
今度は、口に含んでやってもいい。
あのひとが喜ぶことならば、なんでも、やってやろう。

しかし、なかなかそのチャンスは訪れなかった。
あのひとが日中に家にいるのは、土曜日と日曜日。
その日に遊びに行けば、いつも叔母様がいた。
なんとか、外で密会できないものかしら?
中学一年生の一学期・・。
そう考えた私は、手紙を書いた。

大好きな叔父様。
もう一度、美代子を抱きしめて。
もう一度、キスをして。
あんなしあわせな時間は、今までに経験したことがなかったわ。
叔父様になら、美代子のすべてをあげてもいい。
ねえ、叔父様。
どこか、誰もいないところに、美代子を連れてって。
そして・・そして思い切り抱いてほしいの。

朝、駅の前で、出勤のために歩いてくるあのひとを待ち伏せて、私はその手紙を渡した。
彼は戸惑った表情を浮かべて、それを受け取った。

次の日の朝、学校へ行くために歩いていた私を、今度はあのひとが呼び止めた。
辺りの目を気にして素早く紙片を私に押し付けると、足早に去って行った。
返事だ。
私は学校へ着くやいなや、トイレに駆け込んで、その紙片を開いた。

美代子様。
お手紙、ありがとう。
こんなおじさんを好いてくれて、本当に嬉しかった。
天にも昇る気持ちだった。
あの日のことは・・・おじさんも忘れていないよ。
おじさんは、美代ちゃんみたいな、まだ身体が未発達な若い子が好きなんだ。
これは、ずっと前からそうだった。
けれども、この国では、それは許されない行為だ。
もし、おじさんが美代ちゃんを抱けば、それは立派な犯罪なんだ。
おじさんも美代ちゃんが大好きだ。
できたら、抱いて抱いて、抱きまくりたい。
でも、できない。
美代ちゃんが、あまりにも若すぎるからだ。
そして・・血が繋がっていないとはいえ、叔父と姪という関係だ。
倫理的にも許されないんだ。
ああ、でも欲しい。
おじさんは美代ちゃんが欲しい。
美代ちゃんの身体の、色んなところを舐めたい。
その小さな身体を、下から貫きたい。
もう少し・・そうだ、せめて美代ちゃんが18歳になるまで、我慢しないか?
もし、その頃に、美代ちゃんに彼氏でも出来ていたら、おじさんはあきらめる。
でも、もしもそうでないのなら・・。
18歳になったその日に、結ばれよう。
それまで、待たないか?

手紙はそこで終わっていた。
そうね。
美代子のために、あのひとが警察に捕まりでもしたら、大変だわ。
18歳まで、あと5年か・・・・。
仕方がないわね。
切なさで、胸がきゅうっと縮んだ。
涙が溢れて、一筋、二筋、流れ落ちた。
すると、封筒の中に、写真が一枚、入っているのに気づいた。
見て「あっ」と驚く。
そこに映っていたのは、いきり立った男性の生殖器だった。
あのひとのモノだわ・・。
これでも見て、5年間、我慢しろというのか・・・。
悲しくてならなかったが、私のあそこは、ジュン・・・と、湿っていた。

(つづく)












台・・ふう〜ん

20050826025300


関東地区の方、大丈夫ですかあ〜??

気をつけてくださいね♪

申し訳ないけど、こちらは静かな夜です。

おやすみなさいませ!




あのひと?



あのひと

1.

私はあのひとが好き。
こんなこと、誰にも言えない。
私の身体の奥深くにある小箱に、この想いは、ずっと蔵ってきた

私はあのひとが大好き。

おじさま・・と呼ぶしかないあのひと。
私のお父様のお姉様・・つまり、叔母様。
その叔母様の旦那様。

私は、その人が好きなの。

歳・・・?
もちろん、うんと離れているわ。
よくはわからないけど、あのひとはおそらく50歳くらい。
私より年上の息子・・がいる。
つまりは、私の従兄弟ね。

あのひとは・・私が幼い頃に亡くなったお父様よりも、先に生まれているの。

18歳になっても私は、同世代の男の子に興味を持つことができないでいる。
図々しくて、頼りなくて、器の小さい彼らは、うっとうしくて、嫌いでさえ、あるかもしれない。
それは、小学校5年くらいからほのかに抱いていた、あのひとへの恋情のせいなのか。
それとも、もともと私が、うんと年上の男性に惹かれる性質であるからなのか。

エディプス・コンプレックス?
早くに失くした父親の代替?

そうなのかもしれない。
そうでないかもしれない。
でも、そんなことはどうでも良くなっている。

私はあのひとが好き。

ただ、そのことのみが、私にとって重要な事柄なのだから。

異性に興味を示さない私は、友だちからカタブツだと思われてきた。
厳しい校則に逆らうこともなかったので、化粧などしたことはなく、髪の毛は真っ黒で、小学校時代から変わらない、おかっぱに近い形のままだ。
しかも、童顔で、背が小さかったので、いまだに小学生に間違われることが多かった。

完全に、オクテに見られるのも、無理はない。
しかも、近視で、やや度の強い眼鏡をかけているから、色気など感じられることもない筈だ。
それでも・・・。

言い寄ってくる男の子は、いないでもなかった。
野球部のイケメンのエースから交際を申し込まれたとき、私は、からかっているの?と憤然として言ったものだ。
しかし、彼は言った。
私のようなタイプに、かえって、性欲をかきたてられるんだと。
はっきりと、そう、言った。

もちろん、自身たっぷりの、図々しいその言い様に反吐が出そうになったので、断固として拒否した。
「へっ、やっぱ、おまえ、色気ねえな」
彼は捨て台詞を吐いて、それから二度と私と口をきかなかった。

その事件は学年中に広まり、カタブツとしての私のイメージは、定着した。
しかし、そんなことすら、私は興味が持てなかった。

私はあのひとが好き・・。
あのひとが欲しい・・。
いつもいつも、そう想って過ごした。

カタブツだなんて、とんでもなかった。

小学校6年のとき・・・。

ひとりで叔母の家に遊びに行った。
あのひとに・・逢いたいために、よく、そうした。
家に入ると・・あのひとは居間にひとりでいた。

「おじさま、こんにちは。おばさまは?」そう語りかけると、
あのひとは優しく笑って、「町まで出かけているよ」と言う。
そして、私に近づいてきた。

「美代ちゃん、いつの間にか、大きくなったね」
そう言って、私の頭を撫でてくれた。
「ちょうど良かった。美代ちゃんにお願いがあるんだけど」
「なあに?」
「持病の肩こりでまいっているんだ。ちょっと、叩いてくれないかな」
「いいわよ」
私は喜んで応じた。

母にいつもするように、私は、あのひとの肩を、心を込めて叩いた。
「ああ、気持ちいいよ、美代ちゃんは上手だなあ」
「いつもママの肩を叩いているから」
「そうか。偉いよ、美代ちゃんは」

しばらく叩いていたら、「ああ、ありがとう、美代ちゃん、もういいよ」
あのひとはそう言ったあと、立ち上がってこちらを向いた。
私の目線が、あのひとの胸くらいなので、私は眩しい気持ちで、あのひとの顔を見上げる。

あのひとは、不思議な表情をしていた。

戸惑ったような。
我を忘れたような。
感動しているような。

そして、あのひとは私の眼鏡をとった。
「美代ちゃん、眼鏡をとったら、可愛いね」
そう言って、顔を近づけてきた。

初めてのくちづけは、いきなりのディープ・キスだった。
あのひとの舌が、私の口に侵入してきて、私の舌に絡ませた。
私も、受け入れるように、舌を盛んに動かした。

長い間、そうしていた。

お互いが、お互いを貪るように、舌を絡ませあった。

やがて、あのひとの右手が伸びてきて、スカートのうしろに入ってきた。
下着の中に手を入れ、私の小さな尻を撫でる。

さらに、長い中指が伸びてきて、わたしの幼い秘部を探し当てた。

ぐにゅぐにゅ・・と中指が蠢くと、
「ふ・・・うん・・」
と私は、鼻声を出した。

(つづく)




 | HOME |  »

Categories

Banner

斉藤はるかと申します♪

斉藤はるかと申します♪

エッチな独身OLで〜す♪
官能小説を書くのが趣味なのよ!

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Monthly


   

Calendar

« | 2005-08 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
エログマお宝探検隊Zoom!!パンツDX日本人のアダルト【ERO流*ブログ】ネットで拾ったぱんつの部屋抜き抜きピックアップ <つぶやき小屋アダルト館エロおやじのブログエログでブログエッチが好き!!まるみえギャラリーエロ画像まみれLucky7 TGP画像今日も俺、ハメ撮りする!出会系サイトまずは100人斬りアダルトなひとりエッチねた素人大全集中出しエロ画像


Recent Entries

ライブチャット

  ★ EXショット
  ★ DXライブ
  ★ カリビアンコムガール
  ★ 一本道ガール
   

無修正動画

  ★ カリビアンコム
  ★ 一本道
 ★ エロセブン
  ★ ASIAN-ANGEL
  ★ 桃禁
  ★ アキバ本舗
  ★ Vaginary.net
  ★ ぷちとまと
 ★ 熟まん
  ★ 米国性動画通信
  ★ 極楽天
  ★ アクアリウムTV
  ★ ジャパビューティー
  ★ エロスプラネット
  ★ Vi-Vi
  ★ カリフォルニア.com
  ★ くり〜むれもん
  ★ TNT
  ★ X-gallery
  ★ コスチュームシアター
  ★ URAMOVIE.COM
  ★ エロイカ
  ★ H:G:M:O
  ★ URAYA
  ★ JGIRL PARADISE

素人投稿裏動画

  ★ 投稿 裏キング
  ★ JPNANPA
  ★ エッチな4610
  ★ マニアックマックス
  ★ 素娘コム
  ★ ガールズ21プラス
  ★ 週刊ドラムカン
 ★ プリティピンクジャパン

マニア フェチ

  ★ ネットコミック
  ★ 日本人のおしっこEX
  ★ のぞきサムライ
  ★ 赤外線盗撮の世界
 ★ J-SMUT
 ★ 覗き屋
  ★ LAXTACY(サプリメント)

2日間お試し

 ★ 直撃!ドットコム
 ★ JPムービーズ
 ★ ハードポーンジャパン
 ★ 東京CUTEガールズ
 ★ JPチックス
 ★ ヌキヌキ学園
 ★ Jハードコア